7月1日(水)より防空壕を一部一般公開します!

*このお知らせの掲載日は2015年6月27日です。最新情報をご確認下さい。

秩父宮記念公園では、戦後70年の節目に、園内3箇所ある防空壕のうち、将校が使用していた防空壕を整備し、7月1日(水)より一般公開します。

秩父宮殿下は昭和16年9月から昭和27年1月まで、療養のため御殿場に移住され、奇しくも昭和16年12月から戦争となり、この地に戦中・戦後お住まいになっておられました。

園内には東海軍部隊の兵隊により造られた強靱な防空壕、宮内省が作った防空壕があり、そのうち宮内省が作った防空壕を一般公開いたします。

秩父宮記念公園